FC2ブログ

A別館

PC系の情報に関して気になったニュースなどをピックアップ

ホーム > マザーボード > Core i7対応キューブ「SX58H7」がShuttleから登場

Core i7対応キューブ「SX58H7」がShuttleから登場

PCI Express x16スロットを2本搭載しておりSLI とCrossFireXにも対応し、
高スペックな性能を持つマシンを組み上げる事も可能。
その場合、発熱によりケース内が高温になる事が容易に想像が付くので
廃熱をどう処理するかが問題となる。

なおヒートパイプを使用したCPUクーラー“I.C.Evo”を採用し、従来の“I.C.E”に比べて
フィン面積の拡大しヒートパイプを4本へ増強している。
これにより従来よりアイドル時5~7℃低減したとしている。

SLIを考えている場合は物理的に搭載可能か、という設置スペースの問題も有るので
GPUのカード長に注意を払う必要がある。

電源に関しては80 PLUS BRONZE準拠の500W電源を搭載している為、若干の余裕があり。

■SX58H7
・X58 + ICH10R
・PCI-E x16 x2(SLI /CrossFireX対応)
・3.5インチベイ x2
・5.25インチベイ x1
・DDR3 DIMM 4slots 1066/1333/1600(OC) (最大 16GB)
・7.1 channel (Realtek ALC888)
・GigabitEthernet x2(Realtek RTL8111C)
・SATA x4
・eSATA x2
・IDE x1
・USB 2.0 x8
・208 x 325 x 189mm(幅 x 奥行 x 高さ)
・500W電源
・価格 59,800円前後
・2009年4月9日 発売
SX58H7

[ 2009/03/23 20:16 ] マザーボード | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
track word
あわせて読みたいブログパーツ