A別館

PC系の情報に関して気になったニュースなどをピックアップ

ホーム > スポンサー広告 > 偏光フィルター式3D表示対応の「ZM-M215WGD」ホーム > 液晶モニタ > 偏光フィルター式3D表示対応の「ZM-M215WGD」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

偏光フィルター式3D表示対応の「ZM-M215WGD」

偏光フィルター方式を採用した、立体視に対応したフルHD液晶ディスプレイ「ZM-M215WGD」がZalmanから登場。

3DのフルHD液晶に2タイプ目、偏光グラス型がデモ
方式の特性上、3D表示時の視野角が水平90度、垂直10~12度と非常に狭いため、正確なポジショニングが必要だ。

実際に店頭で視聴したところ、モニター正面から見ないと立体的に見えない視野角の狭さであったので、一人用のモニターとして割り切る使い方が必要となる。

メガネは軽いのが利点。

ZM-M215WGD

[ 2010/05/23 15:39 ] 液晶モニタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
track word
あわせて読みたいブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。