FC2ブログ

A別館

PC系の情報に関して気になったニュースなどをピックアップ

ホーム > カテゴリー - SSD Indilinx

ZIFコネクタ対応の1.8インチSSD「BLUE POLARIS」

Indilinx製コントローラ採用のSSD「BLUE POLARIS」シリーズが登場。
ZIFだが、別売りアダプタを利用して東芝型50ピン、日立型44ピンに変換可能とのこと。

SSDの書込み回数(消去回数)を監視して、SSDの残り寿命を算出する「SSD Inspector Lite」というソフトウェアもダウンロード提供するとの事。

ジェイ・ディ・エス、IDE ZIF対応の1.8インチSSD
Indilinx製コントローラを採用し、64MBのDRAMキャッシュを搭載。リード100MB/sec、ライト90MB/secの速度を実現した。


【1.8ZIF / 64GB】 Blue Polaris
【1.8ZIF / 32GB】 Blue Polaris
スポンサーサイト



[ 2010/02/03 19:01 ] SSD Indilinx | TB(0) | CM(0)

TrimサポートのSSD、SHD-NSUHシリーズがバッファローから登場

バッファローからSHD-NSUHシリーズ(32GB/64GB/128GB/256GB)がそれぞれ発売。
なお256GBモデルは受注生産になる。

価格設定は高め。
32GBが24,360円、64GBが35,490円、128GBモデルが62,215円、256GBモデルが111,615円。

 バッファロー、ノートPC内蔵を前提にした2.5インチSSD

ノートパソコンの内蔵HDDとの交換を前提に、物理干渉が発生しにくい形状にしたとのこと。

SHD-NSUHシリーズの搭載コントローラーはIndilinx社製で、標準でTrimコマンドをサポートしたモデルとなる。

■SHD-NSUH
SHD-NSUH128G


[ 2009/12/24 19:02 ] SSD Indilinx | TB(0) | CM(0)

OCZ OCZSSD2-1CLS250G/OCZSSD2-1CLS120Gが登場

OCZ製の3.5インチサイズのSSD、OCZSSD2-1CLS250G/OCZSSD2-1CLS120Gが登場。
内部でRAID0構成をとっており、INDILINX製コントローラを2つ搭載したモデル。
OCZ Colossusシリーズとして当初夏頃に登場予定だった製品?

OCZ OCZSSD2-1CLS250Gの概要

価格は120GBモデルが5万円前後、250GBモデルが9万円前後となっている。
ベンチマークの速度はリード速度/ライト速度260MB/sとの事。

OCZSSD2-1CLS120GOCZSSD2-1CLS250G

[ 2009/12/07 16:44 ] SSD Indilinx | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
track word
あわせて読みたいブログパーツ